下痢は腸内フローラが乱れている

もし下痢の人がみていたら、腸内フローラを疑って見て下さい。

 

下痢というのはなぜ起こるかということなんですが、胃腸液や分泌やぜん動運動の機能が

 

なんらかの理由で、正常に機能していないときに水に近い便がでるわけですが、

 

理由としては、腸の中に粘膜にたいして異常な刺激を起こすようなものがある。

 

たとえば、消化の悪いものを食べたり、消化不良を起こして、食べ物が腸内で異常に発酵している

 

ときがこれにあたります。

 

そしてあとは、腸粘膜の病変と自律神経の異常です。

 

下痢には慢性のものやいろいろとありますが、腸内フローラに起因するものもあるので、

 

気をつけたいところです。